ひらがなつみきの魅力と効果的な使い方

海外で育む日本語

わが子にひらがなを教えるとき、ひらがなつみきがあると便利です。どのような積み木をいつごろから、どのように使うのがよいのかについての記事です。

ひらがなつみきの魅力

ひらがなつみきの良さは、木製ならではの温かみがあることです。プラスチック製にはない、心地よい手触りと耐久性は、小さい子のおもちゃとしてぴったりです。そして、つみきなので、積み上げたり、ドミノたおしなど色々遊べます。さらに、かわいい絵柄をとおして、ものの名前を覚えることが出来ます。

我が家で愛用しているのはニチガン社のもので、『40年以上も変わらぬデザインと発色が美しいシルク印刷』という商品説明にある通り、なんとなくレトロ感があります。長男のために、ひらがなつみきを探していたとき、一目見てとても懐かしくなりました。私が子供のころに持っていたのも、おそらくニチガン社製です。職人が丁寧に作った木製のおもちゃには、時代を選ばず、愛され続ける魅力があります。

どんなつみきを選ぶべき?

数社が色々なタイプの『ひらがなつみき』を販売していますが、シンプルなものを選ぶのであれば、文字はひらがなだけのタイプを選ぶと良いでしょう。

こちらは、ニチガン社製でカタカナやアルファベットの表記はなく、ひらがな一本です。そのほうが、文字を組み合わせて、読みの練習をするときには、スッキリしていて使いやすいです。私はそこが気に入って、我が家ではこちらのタイプを使っています。

カタカナやアルファベット表記があったほうがいいという場合は、同じニチガン社製のミッフィーの絵柄のものがあります。

私のこだわりは、印字されるひらがなの字体なのですが、教科書体のものを選ぶ方がよいと思います。なぜなら、まず単純にゴシック体などより、ずっと美しいからです。そして、『はらい』『とめ』『はね』の感じがうまく表現されています。ほかのメーカーでもひらがな積み木は販売されているのですが、印字されている字体が、ニチガン社製ほどには、ときめきません。キャラクターの強みを生かすなら、セガトイズ社がアンパンマンのものを販売しています。

公文が出している『ひらがなさいころつみき』もとても良さそうです。印字されている字体は、こちらも教科書体で素敵です。そして、ひらがなの清音だけでなく、「がぎぐげご」「ぱぴぷぺぽ」「っ」「ゃゅょ」なども入っているので、文字の組み合わせの自由度が増えるのは、かなりポイントが高いです。あと、サイコロの形になっているので、印字されている面数がプレートタイプより多いです。印字されている文字数が多くなる分、一度にたくさんの単語を作ることができます。(これは便利!)

出典:Amazon.co.jp よりひらがなさいころつみき(くもん出版)

何歳から使える?

製品にめやすの対象年齢が明記されていますが、1歳半ぐらいからとなってるものがある一方、3歳ぐらいからとなっているものもあります。子供が文字に興味を示し始める前から、積み木として遊べます。そして、文字を教えて反応が良くなるのは、個人差がありますが、4、5歳ごろからだと思います。海外で育つ子の場合でも、6歳になるまでにある程度、読めるようになっている方が望ましいので、5歳代では、おおいに「ひらがなつみき」を活用できます。

具体的な文字の教え方

50個近くある文字を覚えるのは、子供にとっては大変です。一度に使うひらがなの数を2、3個にしぼって、まずは自分の名前を覚えるようします。つぎに、好きな言葉を文字にして見せます。

「え」「ほ」「ん」の字をばらばらに置いて、「えほん」と正しい順番に並べさせてみたり、「ねこ」と「いぬ」のふたつの言葉が作れるように、4つの積み木をばらばらに渡して、組み合わさせを完成できるか挑戦させたりするとよいでしょう。

二、三文字の組み合わせに慣れてきたら、文字数を増やしていきます。このとき、子供の好きな言葉を選ぶと、モチベーションが上がります。次男は、「ふうせん」や「たからもの」や「ひこうき」という言葉が、お気に入りでした。

繰り返しているうちに、だんだん一度にたくさんの文字を作れるようになります。作った文字を並べていくのも、子供は喜びます。

ひらがなつみきで練習
こんなにできるようになったよ!(次男、5歳)

まとめ

ひらがなつみきは長持ちするおもちゃなので、子供が小さいうちから手元に置いておくとよいと思います。我が家の場合、長男の一歳のお祝いにおばあちゃんに買ってもらいました。(私がリクエストしたので、買わせたようなものですが) そう、孫へのプレゼントとしても最適です。末っ子が遊ばなくなったら、思い出の品として、箱にいれてとっておこうと思っています。(次の世代が使ってくれたらいいな~)

ひらがなを楽しく学習するためのとても良い教育玩具ですので、おすすめですよ~。海外に持っていくには重いですけど、それだけの価値はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました