電子図書館はとっても便利!海外在住だからありがたい!

6~9歳の日本語

日本にいると簡単に手に入る、日本語の本も海外にいると入手のハードルが高くなります。そんな時、ありがたいのが電子図書館です。進研ゼミ小学講座を受講していれば無料でアクセスできる電子図書館まなびライブラリーにある本の数はなんと1000冊!おすすめの利用方法についてまとめました。

電子図書館まなびライブラリーとは

進研ゼミ小学講座(チャレンジ)を受講していれば、無料でアクセスすることのできる電子図書館です。電子書籍約1000冊と動画10本以上が見られます。そして、数か月ごとに内容がいれかわります。

使い方は簡単で、電子図書館まなびライブラリーのログインサイトから会員番号とパスワードを入れれば、すぐに使えます。一度に借りることのできるコンテンツの数は本と動画を合わせて5つまでです。また、いままでの読書履歴が残り、履歴からのおすすめも紹介されます。

この電子図書館は小学生だけでなく、中高生までも対象としていて、読みものには、絵本や図鑑などもあります。ただ、図鑑に関しては、本来大型本なので、タブレットなどで見ると、どうしても字が小さくなります。(拡大してみることはできますが、手間です。)大型の図鑑は、1ページにたくさんの情報が載っており、じっくりゆっくり眺めたり、読み進めたりするものなので、電子版でみると、読みやすさが通常の紙の本に劣る感じがします。小学生に人気の「おしりたんてい」や「かいけつゾロリ」シリーズなども、作品のうちいくつかは読むことができます。

電子図書館まなびライブラリーを利用できる端末は専用タブレット(チャレンジパッド)の他に、一般のタブレットやPCやスマホとなります。また、利用内容は端末を変えても引き継がれます。複数の端末に同時にログインすることはできません。

ストリーミング配信となるので、インターネットにつながっていれば、基本的に使えます。動画もブロックされることなく視聴できます。(ただ、画像が粗いときがあったり、音がずれることがありました。スペインの我が家の場合ですが。)

ベネッセ電子図書館まなびライブラリー
出典:ベネッセ進研ゼミ小学講座

低学年におすすめは「おはなし会ひろば」と絵本

低学年では、まだ文字をすらすら読むことはできないので、読み上げてくれる「おはなし会ひろば」の活用をおすすめします。季節にあわせた題材で月に一本配信があります。画面に映し出されるのは、本そのものですが、プロの朗読がついていて、ページが変わるペースも違和感がなく、まるで通常の「おはなし会」に参加しているかのようです。

また、絵本も画像がきれいに表示されるので、子供への読み聞かせには向いています。本来の絵本のサイズより、タブレットでの表示は文字が小さくなるので、子供自身で読むのにはそれほど適していないように感じます。(スマホでは、さらに絵本の文字表示が小さくなってしまいます!)

電子図書館まなびライブラリー
出典:ベネッセ進研ゼミ小学講座

世界の名作、伝記ものは素話の題材として最適

小学校中学年、高学年になると、ひとりである程度読めるようになり、長編の物語も楽しめるようになります。しかし、まだまだ電子版ではなく、通常の紙で読むのが適した年齢と思います。ですので、我が家の場合、子供自身で物語を読むためには、電子図書館は利用していません。

でも、代わりに私が読んだ内容を子供たちにお話ししています。寝る前に部屋を暗くして、子供のそばでお話しすると、とても喜びます。電子図書館のまなびライブラリーを活用するようになってからは、お話の題材探しには困らなくなりました。

なかでも、「世界の名作」や「伝記」で検索すると、いろいろでてくるので、子供に読み聞かせる題材としておすすめです。逆に、推理物などは内容が複雑だったり、伏線を忘れてしまうので、読んだ内容を思い出して語る素話には向きません。

また、単行本のような読み物は、電子版をスマホで読む時、スマホのサイズに文字数が調整されているので、読むのにはストレスがありません。(絵本はその性質上、1ページの文字数の調整ができず、縮小での対応となっています。)

まとめ

日本語での読み聞かせは、小学生の間はずっと子供は喜ぶと思います。読み聞かせる本が、なかなか手元に揃わない海外だからこそ、電子図書館はとても助かります。日本語補習校などの図書室で気軽に日本語の本を借りることができないような場合は、進研ゼミ小学講座のウェブサービスである電子図書館まなびライブラリーはとても頼もしい存在です。

タブレットやスマホはどうしても、画面と顔との距離が近くなりがちなので、子供自身で電子図書を読むことには、まだ抵抗があります。でも、その分、読み聞かせや、『おはなし会ひろば』の活用をおすすめします。動画のコンテンツは少ないですが、たまに面白いアニメや映画や特集を扱っているので、時々チェックするといいと思います。

なにかの参考になれば嬉しいです。

【進研ゼミ小学講座に興味のある方はこちらから資料請求できます】

コメント

タイトルとURLをコピーしました