知的好奇心をくすぐる図鑑、子どもに一冊買うなら、どれにする?

海外で育む日本語

賢い子どもが読んでいるものといえば、本です。そして、賢さで有名な人たちが子どもの頃、好んで読んでいたものに図鑑があります。いろいろある中で、どれを選ぶとよいのでしょう?我が家でのイチ押しについての記事です。

イチ押しは「くらべる図鑑」

[新版]くらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+プラス)は素晴らしい図鑑です。子どもだけでなく大人もハマる面白さがあります。

「くらべる」ことで、「知識」に「実感」をプラス、そして、納得することで、より「知識」が身に付きます。『くらべる図鑑』は、楽しみながら学べる、最高級のエンターテイメント学習図鑑です。

小学館オフィシャルサイト「くらべる図鑑」書籍の内容より

比べることで、分かるのは世界の中での自分のポジションです。自分と比べて、ツバメはどのくらいの速さで飛べるのか、ブタと競争したら、どちらが早く走れるのか。これが、分かりやすく説明されているので、本当に革命的図鑑です。子どもたちの想像力をくすぐる内容で構成されていて、大ベストセラー図鑑となるのもうなずけます。

実際の子どもの反応

我が家の子どもたちが大好きな一冊なので、購入から数年たって結構ぼろぼろになりつつあります。一番好きなページを聞いたところ、「走る・飛ぶ」の説明箇所でした。「乗り物の速さ」もお気に入りです。

おすすめの図鑑
お気に入りページは経年劣化でページがぼきぼき。
もっと丁寧にあつかってほしい。涙
おすすめ図鑑みひらき
見開きページをひらくとこんな感じ。
おすすめ図鑑 速さ比較
乗り物の速さ比べも子供たちは大好きらしい。

こちらの図鑑は、男の子にも女の子にも喜ばれている印象です。字が読めなくても、写真や絵が面白いので、4、5歳ぐらいでも夢中になれます。字が読めるようになると、より深く学ぶことが出来るようになるので、長く楽しめる一冊です。

まとめ

海外在住の我が家では、重くてかさばる図鑑はあまり買いそろえることはできませんが、[新版]くらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+プラス)はお友達のおうちで目にしてから、家に一冊欲しくてたまらなかった本です。実際、数年前に子どもに買い与えてからは、ずっとお気に入りの一冊となりました。もっとくらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+ぷらす)も欲しいなと思っています。恐竜や危険生物をテーマにしたものは、好みが分かれるのですが、「くらべる図鑑」はたいていの子どもにはハマるので、プレゼントするのにもおすすめの一冊です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました