ひらがなポスターを貼る時期と場所のイチ押し紹介!

0~3歳の日本語

海外で育つ子供の場合、ひらがなを覚えるときに大活躍する「ひらがな表」はいつごろ準備すべきでしょうか?ポスター状のものを貼るのはいつ頃がいいのでしょうか?また効果的な場所はどこでしょうか? 3人の子育て経験から感じたことをまとめてみました。

場所はトイレで2歳から

意外かもしれませんが、私の経験では2歳頃です。そして場所は、トイレです。 2歳だからといって特に早すぎるということはありません。なぜなら、「ひらがな表」の用途は、ひらがなを覚えることだけではないからです。ここは意外と盲点です。

2歳児がひらがな表で学ぶべきこと

海外で育つ子供の場合、ひらがなを覚える前に必ず身に着けていないといけないものがあります。それは、生活に身近な事柄をあらわす日本語の言葉そのものです。「あり」の絵をみて、現地語ではなく日本語で「あり」と言える状態をまず作る必要があります。それは、普段の親子の会話や、絵本の読み聞かせの中で自然と培われていくのですが、「あいうえお表」もとても良い学びの場となります。なぜなら、身近な46の単語がコンパクトにまとまった表だからです。

2歳頃の子供は、「あいうえお表」を眺めて、ひらがなを覚えるというのは、あまり期待できません。そして、この時期の目標はひらがなを覚えることでもありません。あくまで基本的な事柄の日本語での表現を知ることです。それがあいうえお順に絵付きで一覧になっているので、ひらがなの全体像をなんとなく把握することに繋がります。これは、ひらがなを覚える前の土台作りの部分といえます。だから、あわてず、ゆっくり取り組んでいけばよいのです。

2歳児がトイレで取り組むべきハイライトといえば

2歳児がもう一つ、焦らず取り組まなければいけない、大きなハイライトがあります。そう、あれです。

トイレトレーニングです!

なんと、トイレトレーニングとトイレに貼ってある「あいうえお表」はとても相性が良いのです。それは単純に、トイレで親子が一緒に過ごす時間が長いからです。でるんだかでないんだか分からないおしっこやうんこ待ちの時間、とりあえず「あいうえお表」を親子で眺め、いろいろ会話ができます。この時間を使って、言葉を教えようと気持ちを切り替えれば、有意義な時間となりえます。(返って気が散ることもありますが。)

どんなポスターを貼るべき?

ここで、注意すべきは、まず絵が分かりやすいかどうか。次に、46の言葉が、海外でお住まいの地域でも身近であるかどうかです。「れ」が「れもん」なのはいいのですが、「れんこん」だとうちの子たちは、歌や絵本を通して名前をちらっと聞く程度で、実物はほとんど見たことありません。「ち」の「ちくわ」は日本で子供たちが大好きになったのでいいのですが、海外では食べる機会があまりないですよね。濁点までカバーしている「ひらがな表」の方が、さらにおすすめです。「ど」で「どんぐり」、「ぼ」で「ぼうし」など、が行、ざ行、だ行、ぼ行、ぽ行の5行がの25字プラスされるからです。ただ、濁点まで絵付きでカバーしているものは、あまりないですね。

我が家で愛用しているものは、日本の幼稚園で定期購読していた月刊誌についていた付録の「あいうえおポスター」です。年長の時に一時的に通っていたのですが、4月号の特別付録として入手しました。5歳頃で使用するのに適していますが、2歳児も十分活用できます。少しでも、文字が目に触れる機会を増やそうと思い、トイレにも「あいうえお表」を貼ったとこと、2歳の長女も、興味を持って見るようになりました。「これなに?」と積極的に聞いてきました。どういうわけか「ど」のどんぐりがお気に入りでした。5歳の次男も、一緒にひらがな表を見ることもありましたが、2歳の長女ほどトイレでべったり一緒ではないので、どのくらいひらがな表を見ているのか、あまり把握していません。

学びの旬の時期を逃さないためには

我が家の場合、5歳児のために貼ったひらがな表に2歳の妹が興味を示し、2歳でも早すぎないと偶然気づきました。でも、通信講座のこどもちゃれんじでも、2、3歳の教材としてひらがな学習に適したものを配布しているようなので、そういった通信講座を取ることもおすすめです。専門家の意見や長年の経験をもとに開発されたプログラムに沿うことで、発育に応じた旬の時期を逃さず活かしやすくなります。初めての子育てだと、なにをいつすればいいのか経験がないので、旬の時期が分かりにくいものです。(トイレトレーニングの年齢になると、楽しくとトレーニングできるおもちゃも付録でついてきます。)うちは、しまじろうのおもちゃや本は 姪っ子のおさがりでいくつかもらっていたので、受講はしていませんでしたが、優れものが多いという印象です。

まとめ

ひらがなの学習を意識するピークは、小学校入学を控えた年長さんのころでないかと思いますが、ひらがな表自体は、2歳ごろのトイレトレーニングに合わせて、トイレに貼っておくのをおすすめします。3歳になってもまだまだトイレに親が付き添う機会は多いので、意外と親子でトイレで過ごす時間は長いのです。そうやって、ゆっくりひらがな学習の土台を作ってみてはいかがでしょうか。ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました