漢字表を貼ると漢字学習がはかどる?

6~9歳の日本語

海外で我が子に日本語を教える場合、小学生になると年々、漢字の習得が大切になります。漢字表があると学習しやすくなる理由についてまとめました。

漢字表をはると学習がはかどる理由

普通に日本で生活している子供向けの教材で、配当学年ごとの漢字表(漢字ポスター)が使われるのには、理由があります。それは、その学年で習得すべき漢字の全体像が分かるからです。通常、漢字は一度学習しただけでは忘れてしまいます。でも、画数順に並んだ一覧表があれば、習った漢字を思い出しやすいです。一覧表の中の位置も一緒に頭に残るので、漢字をちょっと思い出せないときに、一覧表の前に立って、自分でさっと確認できるというのは、子供にとっても楽な学習方法です。

さらに、漢字圏以外で育つ子供の場合は、普段の生活の中で漢字を使う必要に迫られるわけでもないので、いっそう学習しずらいです。日々の生活では、漢字を見ることがないので、目にふれる機会自体を増やすことは大切です。

どんな漢字表がいいの?

たいていの漢字表は配当学年ごとになっています。海外で日本語を学ぶ場合、日本の子供と同じペースで漢字を習得することは難しいですが、目標をたてる目安になります。また、学年に合わせて習う漢字が一覧になっていることで、やるべき量が可視化できます。

その際、漢字の意味を簡単に表す挿絵がついているものがおすすめです。なぜなら、漢字の意味をインプットしやすいからです。チャレンジ【進研ゼミ小学講座】が出している漢字表は、3年生までは漢字ひとつひとつに挿絵がちゃんとついているので分かりやすいです。チャレンジを受講していれば、教材として配布されますが、ヤフオクやメルカリでも単品で購入できることもあります。

進研ゼミ小学講座チャレンジ3年生の漢字ポスター
挿絵があって分かりやすい!
同じくチャレンジ4年生の漢字ポスター
挿絵はどこいった?!スッキリしてるけど、ちょっとさみしい。。。

漢字表(漢字ポスター)を探すと、意外と挿絵が入っていないものが多いのですが、『国語教科書ワーク』の付録についてくる「わくわく漢字ポスター」は4年生以降の漢字表でも、ひとつひとつ関連する挿絵が入っているので使い勝手が良さそうです。

なので、4年生以降にはこちらの特別ふろくでもらえる漢字ポスターが欲しいなと思っています。やっぱり、絵があるだけで親しみが持てます。(手元にまだないので、ちょうどいい漢字ポスターの画像もないです。汗)

まとめ

漢字学習には便利グッズはいろいろありますが、漢字ポスターは我が家では必須アイテムです。ダイニングキッチンの壁に一年生と三年生のポスター貼っているので、子供たちは嫌いな野菜などをしょうがなく食べているときとか、ぼんやりと眺めています。(手持無沙汰なのでしょうね。笑)あと、トイレにも二年生のポスターを貼っています。他にも、勉強するときに見やすい場所に貼ってもいいと思います。あるとないとでは、全然違うと感じるので、おすすめです。(貼ることによって、家のおしゃれ感は減りますが、数年間の辛抱です。笑)

通信講座に興味を持たれた方は、こちらから資料請求できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました