子どもへ自転車の乗り方はいつ教えたらいい?超簡単マスター法【後編:3~4歳】

育児あれこれ

自転車の乗り方を子どもに教えるには、まずバランス感覚の習得が必要です。2歳の頃に十分、ペダルなし自転車でバランス感覚を磨いたら、いよいよペダルの漕ぎ方の練習がスタートします。【後編:3~4歳】では効果的なサポート方法についてまとめました。

補助輪はいらない!

子供用の自転車を広告や販売サイトを見ていると、子ども用自転車は補助輪セットで売っています。また、画像で使用される子どもの年齢は5~6歳頃です。でも、補助輪は本当に必要なのか考えてみる必要があります。本当に、5~6歳頃が自転車の乗り方を覚える適正年齢なのでしょうか?

結論から言うと、補助輪は全く必要ありません。また、5~6歳頃は一番の旬ではないです。それは、もう少し早く訪れるので、3~4歳頃です!

自転車に乗れるようになるために、まず身に着けるべきは、バランス感覚であって、ペダルの漕ぎ方ではありません。補助輪を使う練習は逆の順序になっているので、効率的ではありません。

ハンドルは触らないで!

大多数の人が知らない印象ですが、バランスがまだ上手に保てない子どもの「どこ」を持ってサポートすべきかというと、それは、ハンドルではありません。ハンドルを親が握るというのは、子どもの主体性をそぐ一番悪い場所ともいえます。さらに、その体勢だと親は中腰の体制にならざるを得ず、腰に負担がかかります。(苦痛です!腰痛になります!)

また、サドルの後ろの部分や荷台の部分でもありません。サポートするための特別な補助棒を買う必要もありません。

よくある光景ですが、手を添える場所は最適でなないです。中腰は保護者の負担大!!!
もっと楽な方法があります!!!

力点は首ねっこ!

そもそも、親は中腰になる必要はないのです。腰を伸ばした状態で、子どもの首根っこを上に向かって軽く引っ張るだけで、子どもの体の重心が整います。重心さえ安定すれば、タイヤが回っている間、自転車は片側に倒れることはありません。

ふらつく重心を安定させるための最適な力点は首根っこです。つまり、後ろの襟元ですね。フード付きの服なら、フード部分です。ちなみに、フード付きの服のほうがつかみやすいです。

イメージするなら、猫親が仔猫の首根っこをくわえて運ぶ様子でしょうか。この記事のキャッチ画像にイメージ図を載せているので、そちらを参照ください。

赤印のところあたりを上に向かって軽く引っ張り上げる感覚です。大人は中腰にならずに楽々つかめる位置です。

そんなところをつかんで、子どもの首がしまらないかと心配になる親御さんもいらっしゃるでしょうが、よっぽど力を加えない限り、苦しくなることはありません。子どもの様子を見ていたら、大丈夫です。うちの子たちは、自ら「ここをもって!」と要求するほどです。服が伸びると心配する方もいらっしゃるかもしれません。よっぽど繊細な布地でなければ、伸びたり破れたりはしません。(とはいえ、自己責任でお願いします。)

フードなしの服なら赤印のあたりをつかむとOK!

子どもは、一点手を添えるだけで、不安な気持ちが解消され、前に進めるようになります。まるで、魔法のように簡単です。というのも、本来、自転車は簡単に乗れるものだからです。

一点添えるだけでバランスが保てるように、前もってバランス感覚をある程度まで鍛えておく必要がありますが、2歳の頃にストライダーランバイクなどペダルのない自転車を愛用していれば、自然とバランス感覚が磨かれています。

どんな自転車を選べばいい?

2歳頃にペダルなし自転車を満喫し、バランス感覚を身に着けたら、次はいよいよキッズ用自転車14インチ自転車デビューです。一番小さい自転車のサイズが12インチですが、ペダルなし自転車からの乗り換えなら14インチのほうが長く使える製品となることが多いでしょう。子どもの身長にあわせて考えると良いです。足がつくようになったら、練習スタートです。

こちらの製品のような、チェーンは直接触れないようにカバーされつつも、動きのわかる半透明カバータイプが個人的には好きです。あと、重量は軽いほうがいいです。こちらは7キロぐらいなのでおすすめです。(補助輪は必要ないですが、セットになっていることが多いです。我が家は中古で買ったので、最初から補助輪は持っていませんでした。)

子どもそれぞれに訪れる自転車マスターの旬を見逃さないように

小さい体での自転車マスターに子どもの運動神経はそれほど関係ありません。我が子は、特別運動神経の良い子ではないですが、長男と長女は3歳で、次男は4歳で乗れるようになりました。練習し始めて数日で長男はマスターし、長女は1日でした。次男は、3歳の間は全くペダルに興味を示さず、ずっと拒否していたのですが、4歳のある日、突如やる気をみせ、20分でマスターしました。子どもそれぞれの個性に合わせて、機が熟すのを待つと、うまくいきやすいです。

ただ、子どもの体や自転車が軽く小さいうちの方が、親も片手でサポートしやすいです。3~4歳の子どもの体重は15~17キロであることが多く、14インチの自転車も10キロ前後だったりしますが、これが6歳ぐらいになると体重は20キロを超えるようになり、自転車ももっと重くなります。つまり、親が片手で子どものバランスをサポートするには、やや重くなってくるのです。

まとめ

簡単に子どもに自転車の乗り方を教えるには、2歳ごろからペダルなし自転車に乗る機会を与え、楽しくバランス感覚を磨きながら準備するのが一番の近道です。(経験者ではないですが、ペダルの取り外しのできるへんしんバイク キックル という自転車もあります。2万円台なのでやや割高ですが。)

一旦、バランス感覚さえ身につければ、補助輪は必要なく、体の一点をサポートすることで、子どもは安心してペダルの練習ができます。この時、ポイントは首根っこ(後ろの襟元)を上にむかって軽く引き上げることです。

私がこの方法を編み出したのは、腰をかがめるのが嫌すぎたからというのが一番なのですが、ヨガや指圧を習っていたので、体の力点がどこなのか感受性が割と高かったというのも理由にあるのかなと思います。首ねっこをつかむというのは、コロンブスの卵的な発想なのか、まわりでやっている人はまだ見たことないです。そして、そのやり方を子どもの友達の親に教えるたびにとても喜ばれました。

とても、効果的で便利な方法なので、普及すると良いなと思っています。これから自転車の乗り方を子どもに教える方々のお役にたてれば幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました